いつも同じところの処理を忘れてしまいます

自分自身でむだ毛処理をしています。普段は1日1回処理をしますが、それが出来なくても翌日は必ず処理します。だけどその間隔でやっているのにもかかわらず、処理のしわすれが確実にあるのです。

また、今日やり残したから明日やろう…と思っていても、おなじ部分の処理が出来ていないことが多くあります。処理を忘れてしまう部分は同じところになってしまいます。一つのケースを挙げると、指に生えている毛です。細いうえにカーブになっているので、剃刀がうまくあたりません。

ピンセットを使えばキレイに出来るのでしょうが、カミソリの方が慣れているので変えることに抵抗があります。それに、肘に処理をしていないところがあったことも何度もあります。肘も、丸いので、うまくカミソリを当てることがむつかしいのだと思います。しかもよく見えないことも原因なのだと思っています。

同じところの処理をしていないと、一本だけ伸びてしまっている事があり、とても恥ずかしい思いをしたことがありました。処理をしていないところが無いように、いつも気をつけたいと思っています。

ムダ毛のコンプレックスは煩わしいです

自分は半年くらい前から今まで悩んでいることがあります。それは脱毛施術を受けるか受けないか。わたしはこのことでだいぶストレスを感じていて、寝つきも悪くなってしまいました。まじめにどうしようかと思い苦しいのです。

何故悩んでいるのかと訳が分かりませんよね。その訳は脱毛施術をすると恥ずかしいムダ毛をひとに披露することになるからです。そうはいっても縁もゆかりもないエステティシャンの目に入るだけの事なのですが、それだけでもなんだか恐怖です。

加えてもしこの時に何か傷つくことを言われたらと思うと心配で行けません。迷いすぎた結果一層行きづらくなってきたのです。むだ毛において引け目が相当あるってことでしょうね。ほんのちょっと我慢したらいいだけだけど、分かっててもその恐怖が美容脱毛を受けようとするわたし自身のやる気をブロックしちゃうんです。

そんな事で悶々と迷うわたし自身が非常に嫌いです。ですが同時にそれほどまでに体毛に対してのあたしの引け目意識は深刻だったんだと痛い程感じました。頑張って受けたいと望んでいるのだけど、本当にムダ毛のコンプレックスというのは煩わしいですね。

今は行くと決断は出来ませんが、いつの日か思い切って施術を受けたいです。

脱毛サロンのイメージは思い込みでした

私事ですが脱毛の処理をやりたいなぁと以前からいろいろ考えていました。けれど、脱毛サロンと聞くと、ギャルが行くような所といった勝手な印象があり、通っている人も同じような人達の印象しかありませんでした。

そんなふうに思っていた学生時代のあるとき、同級生がエステに通うことになりました。そうして二人で食事に行く予定だった日に、少しだけ用事があってサロンに寄って行きたいと言われたので、いっしょに入ってみることにしました。

そうしたところ、イメージしていたのとはまったく違う雰囲気の場所でした。派手な子が行ってるというより、寧ろエレガントで豪華な感じのところでした。初めて行く場合も気軽に入って行けそうなかんじで、店員の方も穏やかな人でした。

恐らく、私のイメージしていた感じの店も存在するかもしれませんが、見つければ様々な形態のエステがあるのではないかと予想されます。それまで印象だけで見ていたことを悔やんでしまいました。

私自身もエステをあれこれ調べてみて、私に適当な場所を見つけて脱毛の処理をしてみようかなと考えるようになりました。

チャンスがあれば脱毛しようと思っています

むだ毛のお手入れは、寒い時期はしっかりとむだ毛の処理を行っていません。ですが、毎日お風呂に入った時は両脇と足のお手入れは毎日欠かさずやっています。わたくしのむだ毛の処理法はただ剃刀で毛を剃るだけの手近なやり方です。

暑い季節は、両脇とスネのほかにウデもやっています。ウデの場合のお手入れ方法は、電気脱毛器でサッと処理をしています。腕も剃って処理をすると、チクチクするのでウデに限っては機械を使います。むだ毛があるところを脱毛器でなぞるだけですので、非常に簡単にむだ毛を処理することができます。

1週間くらいで毛が伸びたら機械を使って抜く!っていう感じです。冬の間は長袖の服を着ていますし腕をだすという事がほぼないので1ケ月に1回位、毛が伸びてきたなと思った時に処理をしています。

できたら、永久脱毛したいと思いますが住んでいる所が田舎なので二時間以上車で移動しなくてはならないので永久脱毛をしに行く事が難しいのです。チャンスがあれば、行ってみたいとは思うのですがそれがいつかは未定です。

脱毛すれば不安はなくなるのかな?

髪の毛は、切ったとしても、常に生え続けます。だけど他の毛は、抜いたり切ったり剃ったりしなければ、長さが変わるような事はありません。抜いたり剃ったりすると、必要な長さになるまではいつでも生えます。

つまり、処理をした場合、毛は伸びるという事です。一体どのような栄養で成長するのでしょうと思うことがあります。それから、この先も何年経っても生えてくるのだろうかと不安になります。一生の中で生える毛の量が決まっていたら怖くなります。

まったく毛を処理しない人と、処理を定期的にする人だと、もしかしたら寿命に違いが出てくるのかな。なんて気になってしまいます。だけど、脱毛すれば、そういった不安がなくなるのかなという風にも思います。

100%全く生えてこないようにした場合体自体に違う影響があるような事があっても困ります。しかし、お手入れするたびに不安を抱くよりはまだいいのかもしれません。

今年の目標は脱毛です

今年目標にしていることは脱毛に行くことです。徐々に用意をしないといけないと思います。女性として生まれ、高校生の時から欠かさず脚やワキの無駄毛の処理をしています。1日あたり10分手入れしているとしたら、1年で計算したら余ほどの時間ムダ毛のお手入れに時間をかけていることになります。

ほどんどの場合、カミソリを使ってお手入れしてますが、肌も荒れたり乾燥して痒くなったりして皮膚に良いとは思えません。夏になると、処理を忘れたらショートパンツも履けないしキャミソールも着れません。

脱毛施術を受けていつも綺麗なお肌でいたら日々のお手入れも気にする必要がなく、無駄毛を見せないような服を選ばなくても良いのがとても魅力的です。暑い時期は、脱毛エステに通いたいなと必ず考えるのですが、夏の間にキレイな肌になっているには寒いときに通い始めないといけません。

本当に今年は夏の時期にキレイなお肌でいるために、脱毛施術に通おうと新年に決意しました。決意したわけは正月休みのあいだに伸びかけになった私の脚の毛を見たら嫌気が差したからです。本当に、自分でムダ毛のお手入れするのは面倒臭いです。

脱毛するまで水着はお預けです

自分は少々苦い思い出があるのです。それは水着を身にまとい恋人とビーチへ繰り出したら、ボーイフレンドに「毛がツンツンしてるよ」と指摘された事。凄く驚きましたし、あたしの大量の無駄毛を呪いました。あんなにも恥ずかし思いをしたことはありませんでした。

なのでその時のダメージを克服する為にも、脱毛施術を受けようと画策しています。脱毛処理を行ったら水着にマッチする女性になれるはずです。決して交際相手に毛がツンツンしてるなんて思わせません。そういった点がとても魅力的で、絶対に施術を受けたいのです。

いずれは脱毛処理をお願いして、ツルツルになったら堂々と水着でキメて、今彼とプールへ行こうと思っています。なので脱毛済みの体になるまで彼には海水浴を我慢してもらいます。

最近良さそうなエステが何店舗か見付かったので、そのうちの一軒に絞り込んで通う予定です。そんな風に昔の恥ずかしい思い出を忘れてしまいたいのです。ですからとっとと脱毛施術を受けたいのです。

初サロンに挑戦しようかな

女の人って辛いよねって感じる理由のひとつが、何と言ってもムダ毛処理でしょう。そうだとしてもお手入れしないわけにもいかないので、ちゃんと処理をしています。袖をまくり上げた時に短い毛があったら嫌だと思います。わたしが男だとしても、女として見ても、萎えちゃうなーと思います。

自分はカミソリやトゲ抜きを使って1週間のうちに二回か三回お手入れしているのですが、カミソリだとマメにお手入れしなきゃならないし、入念にやることは結構大変です。いっそ脱毛サロンにお任せして処理してもらった方がいいのかもしれないと思うのですが、なかなか動き出すことができません。

最近はもう、自分のようにT字剃刀を使ってやっている方がめずらしいことなのかな。女友達にも、無駄毛の処理方法教えて!とかいくらなんでも言えないし、時々月刊誌で取り上げられてる時は目に留まるので買ってしまいます。

見てみると、まだまだ使い捨て剃刀でお手入れしてる人もちょっとはいるんですよね。それを見て少し良かったって思ったりして。でも、この頃は男でも無駄毛をお手入れしてる人がいるようですね。少しの人だけど、脱毛サロンに通う人たちもいるんだって。

そういう事を聞くと、私も女性としてムダ毛処理をやっかいだからとサボっている場合じゃないと思います。そのうちサロンに行っている人の話でも聞いてみて、初サロンに挑戦しようかな。

むだ毛のせいで温泉にも行けません

私自身はムダ毛が濃いほうです。恐らくは標準の女性と比べてみてもとてもムダ毛は多いと思います。と言っても毛が濃い男の人ほどすごくないですが、自分の兄と比較しても見劣りしないくらいにムダ毛が濃いです。

マジで毛深いのって困ります。このせいで女友達に「一緒に温泉に行こう」と声をかけてもらった時も相当思案しました。どう考えても剛毛ということがばれたら恥かしいでしょう?

お風呂に入った時はアンダーの毛を見られます。そしてアソコの毛をじかに見られたら無駄毛が濃いことなんてすぐにわかるのです。ですからそのことを考えたらやはり無理で弱ってしまいました。

そうして結局は友人の誘いは遠慮させてもらい、付き合いが悪い人だというレッテルを貼られて、ちょっとだけ関係が気まずくなってしまいました。マジで馬鹿なことだと思います。むだ毛が濃い身体をしてるとこのように対人関係に影響を及ぼすこともあるのです。

ホントに自分の毛の濃い身体を憎みます。わたしの母が毛深いので多分母に似たのです。まったく嫌な所だけ似たなと思います。毛深いことを心配するあまり、あちこちで普段の生活にも悪影響が出ています。何とか考えて解放されたいです。

ムダ毛のお手入れは日課です

自分は近頃、毎日のようにムダ毛のお手入れをすることにしています。学生時代までは2日か3日に一回のお手入れで大丈夫だったのですが、それって、見た目の事だけを気にしていただけでした。現在は私自身は社会人になり、こどもと接するお仕事を始めたのです。

子ども達は、べたべたとあっちこっちをさわってきます。それと率直な子ども達は、「チクチクする!」とズバリ言います。ほんとに恥ずかしく顔から火が出る思いでした。おまけにとんでもないことに、そう言われた事を辺りにいたおとなに聞かれていました。

子どもに聞かれてしまうだけでもみっともない思いをしたのに、保護者だと尚更でした。それからは、ほぼ毎日ムダ毛のお手入れをしているのです。けれども、どうやっても、毎日の処理ってひじょうにしんどいし、時間の無駄のような気がします。

それ以上に、肌をいためたり、傷つけてしまう可能性も多く、まじめに思い詰めています。この悩みを解決するには、脱毛の処理をするしかないと思います。脱毛の処理をして悩みをクリアにさせて、子どもに「さらさらだよ!」と言われるようになりたいです。